embed.ly

script>document.write("今日は 2016/12/14 です、" + document.cookie + "さん!");


表紙を描いた。切り出すと上手く見えるらしいからちょっとだけ見て。

cover

今まで描いたやつの表紙はこっちにあるので、良かったら買って。


僕は片桐天音(かたぎりあまね)。Twitterは@amane_katagiriである。

先日、茨城県某所で作られた神絵師 Advent Calendar 2016が、神絵師AC史上かつてない盛り上がりを見せている。飛び入り神絵師が参加したり、参加者が身近な神絵師を誘ったりの大騒ぎだ。

一方で、僕はほとんど絵を描いたことがないし、某所で行われている神絵師カツドウのやっていきにもあまり乗り切れていない。絵が描けないので、普段は適当な小説を書いてお茶を濁しているくすぶりマンである。

さて、今日は色のない世界での生活について話そうと思う。もっと言うと、今回は初めての印刷所でガンマ補正もよく分からないので白黒2値の世界の話をしよう。神絵師じゃなくても神絵師ACに参加できるってところ、しかと見ていってほしいね。

白黒2値の世界観

朝起きると、辺りが白くなっていた。黒ベタも黒いドットもほとんどないので、きっと太陽が出ているのだろうと思う。東の方角を見ると、空の一部が真っ白になっていたから、おそらくそうだ。太陽を見ているのだから眩しいふりをしてもよいけれど、まぁ君らの世界でも冬の陽射しはそんなに眩しくないだろうから、眩しくないことにしておく。

街を歩く人たちに近づいてよくよく見てみると、肌に黒い点がたくさんある。それは毛穴でも病気でもなくて、私たちにとっての肌色なのだ。美白と言うと、それは本当に真っ白になることを指し、日本人がその夢を叶えるのはなかなか難しい。白人娘ばかり集めた風俗というのは、それはそれは高価なもので我々がそうそう行けるものではない。

食事というとところどころに黒い点のあるご飯を食べることだし、漫画雑誌の巻頭コート紙ページでは、ツルツルの紙にいつもより鮮明なドットが印刷してあるだけだ。君たちにとっての色が付いているものには全て黒い点が散りばめられている。聞くに、グレースケールの世界というのもあって、白と黒の間の色があるらしい。全く想像がつかないな。

本当はみんなの世界だって2値で構成されているはずなのに、僕らはどこで別れてしまったんだろう。もう分からない。

白黒2値の世界を体験する

注意

全編通じて、縮小の影響で2値画像がグレースケール画像に変化したり、モアレが発生している場合がある。

絵を描く

とりあえず、体験の準備として絵を描いてみてほしい。上質普通紙90kgに黒いボールペンと裏写りしない黒のマジックペンで適当に描いてくれ。申し訳ないが、粗悪な配給品を使ってフローリングに裏写りしたとしても全く責任は取れない。ママには素直に謝って、パパの出世が遅いことを恨もう。

線の集合
汚い消しゴムのせいで泥棒ヒゲみたいになった。今日は(僕の)機嫌がいいので目がデカい。

取り込む

パソコンに取り込んで早速2値化しよう。必要な領域を選択した上で、Colors -> Threshold (ja: 色 -> しきい値)を選ぶ。あとで2値化することを考えて描いた絵であれば、あまり閾値を微調整する必要もないだろう。シャーペンで影を付けるのは勝手だけど、中途半端な濃さで塗ると最後に苦労する。

2値化した絵
線をアレして色々足していきや削っていきなどをした。

色を塗る

適当にベタ塗りする。ここからはグレースケール人が行うべき仕事だから、どんな明度のグレーを使っても良い。または、フルカラーで塗った後でグレースケールに変換しても良い。やってみるとおそらくこういうイメージになる。

何も考えない配色
ヘルメットを持って角材を握っている、つもり。影を付けたかったが、この絵に付けてもなと思った。

newsprint

白黒2値の世界を体験するにつき、GIMPと呼ばれる素晴らしいソフトウェアにnewsprintという役に立つプラグインがある。これは色を1色(K)、3色(RGB)または4色(CMYK)のドットに分解するものである。

menu

必要な領域を選択した上で、Filters -> Distorts -> newsprint(ja: フィルター -> 変形 -> 新聞印刷)を選ぶ。ドットへの分離方法としては、Intensity(ja: 強度、輝度)を選ぶといいようだ。私には全て同じに見えるのだが、おそらくおまじないみたいなものなのだろう。

適当にやると、こんな感じに仕上がる。ヘルメット部分のようなベタ塗りの黒は消えてしまうので、Darken Onlyなレイヤを上に置いて黒塗り部分を上書きするなりすると良さげになる。

cover
うーん、へたっぴ。掲載用なのでモアレがジャバジャバ。

なお、newsprintではなく2値化を使ってやっていきするとこんな感じになってしまう。ただまぁこっちのほうが色々ごまかせて良い。

やっていき
アレみたいですね。

白黒2値の世界ギャラリー

似たような方法を使って白黒2値で描いたものを、2014-2015の時系列順に並べた。

扉1
線画をペンタブでやった気がする。描けなかったところを隠した。

扉2
正の字を描いた。

扉3
42を描いた。

白黒2値の世界の魅力

特にない。世界は広いに越したことはないからだ。筆者ももう少し絵や立体の講座などを勉強して世界を広げたほうがいいと思う。

おわりに

ここまで3000000000000000時間ぐらいかかった。

明日は、hid_alma1026の予定である。色のある世界を存分に味わってほしい。

あと、冬コミでこの表紙を見かけたら適当に買っていってほしい。めちゃめちゃ余ると思うのでゆっくり来ていいよ。



Comments

comments powered by Disqus