自信や知

自信満々だったり、僕が弱いことを知っていたり(知られていたり)するのがたまらなく好き。つまり、自分の価値を自覚しているロリはそういないということだ。反面、自分の価値を分かっているJKはたくさんいる。なぜ?

肉体的な性的魅力のパラメータはほとんど意味がないのだろう。胸や尻、脚や制服はいつでも飾りにも武器にもなりうる。よかったね、僕が弱くて。

「読んだ」を押すと、あなたがボタンを押した事実を明示的に通知してこのページに戻ります。
このページに戻ってからブラウザの「戻る」ボタンを押すと、何度か同じページが表示されることがあります。

More information...